前へ
次へ

健康食に近づけてみよう

健康食があるのならば、不健康な体になりやすい食もあるはずです。
意識すべきは、この健康を害するであろう、食ではないでしょうか。
いくら体に良い食材も、継続するには量もたくさんであれば飽きてしまう可能性も無きにしも非ず、だったら、控えられる食を意識しましょう。
栄養士いわく、加工食品の摂り過ぎには気をつけてほしいそうです。
食品添加物より無添加、塩分量も多いようでインスタント食品が一例です。
アルコールやカフェインも控えましょう。
調味料も減塩が人気ですが、多めに使っては元も子もありません。
ちなみに、醤油や味噌などの調味料と加工食品が、私たちが摂取する塩分の9割を占めていると言います。
使い方に気をつけましょう。
健康食を取り入れることが難しいのなら、食べ方を工夫しましょう。
例えば、外食やできあいの総菜は止めて、手作りにしましょう。
インスタント食品を食べるにしてもスープを残す、漬け物や付属されているソースやタレを使わないなど、できることがあります。

Page Top