前へ
次へ

健康食をタイミングよく食べる習慣

現在は一日三食の人が多く、起きた時に朝食を取り、午前12時ごろに昼食、そして夕方から夜にかけて夕食を取る人がいるようです。
1日は24時間あるのでそれを3つに分けると8時間になりますが、必ずしも食事の間が8時間になるわけではありません。
でも体に必要な食事をすることから考えれば8時間ごとに間隔を開けてそれぞれで平均的な栄養やカロリーを取るのが良さそうです。
ただ健康食を食べていれば健康になれるわけではありません。
人は生活をするのにエネルギーを必要としていて、運動などをしていなくても消費するカロリーがあります。
活動するためのエネルギーは活動前にしっかり取っておくのが良く、朝と昼と晩に平均的に取るのが良さそうです。
健康食としては朝や昼は活動の準備のために炭水化物をしっかり取るのが良いでしょう。
一方夜は傷んだ体の修復をするのでたんぱく質を取るのが良さそうです。
ビタミンやミネラルは必要な栄養素を吸収するのに必要になってきます。

Page Top