前へ
次へ

健康食で健康寿命をのばす

否が応でも老化は訪れますが、健康的な生活を送りたいのは誰もが願うものです。
健康と長寿の秘訣は、生活習慣の見直しです。
長寿の地域ではどのような食べ物が食べられているのか、興味をもつ食の専門家も少なくありません。
加工品ではなく、手作りの自然食材、食品を上手に摂りましょう。
私たちの平均寿命は男性80歳、女性87歳といいますし、健康寿命も男性70歳、女性73歳という長寿国にもなっています。
健康的な人を観察してみれば、食べている物が違います。
まずは、自分で食べてみて、美味しければ続けていけばよいでしょう。
美味しくなければ結局続かないので、スローガンは「美味しく食べて元気に過ごす」ということに尽きるでしょう。
調査してみれば、日本における長寿地域の健康食は、野菜なのだそうです。
甘みもあり、減塩意識しやすく、1人当たりの野菜摂取量も日本1位です。
良質な野菜が身近にあり、大腸ガンの死亡率も低いようです。
それに貢献するのは「アブラナ科の野菜」です。
そして発酵食品をよく食べるようで、味噌の生産も日本1位ですし、野沢菜漬けやすんき漬け、納豆や麹などを摂取しています。
典型的な和食の良さが健康食に通じるのではないでしょうか。

Page Top